ノートルシャンブルの水耕栽培ハウス

温度差が激しい毎日で、夏日並の気温にどこか不安感もいだいてしまう私です。
それでも太陽の恵みに、雨の恵みに、木々同様元気にさせてもらえています。

今日の晴天は本当に気持ちがよいですね。
山ツツジも満開です。
思うようにブログを更新できず、反省と共に
ipadが手元に届いたら豆に更新できるはず!と自負しております。

過日、ノートルシャンブルさんのお庭改造として、
柵のリニューアルと水耕栽培用のハウス製作をさせていただきました。
既にノートルシャンブルでのお茶の時間と共にご覧いただい方も多いかと思います。

いわゆるビニールハウスを意図としていますが、
オーナーの純子さんの発展的発想力や、ノートルシャンブルのイメージから
尾形欣一がデザインしたものは子供の頃に憧れた“小さな子供ハウス”の様な
栽培ハウスでした。

アールを空間デザインにとりこむことが多い尾形で、
ハウスにはちゃんとアール型のオリジナルのドアもついております。
OGATA製作施工ですので、ドアをつけるための枠(一般的なドアは四角なので、
躯体側にある三方枠がそれです。)も曲げ木で作ります。
厨房さながらの蒸し作業で、緊張しつつグワーンと曲げていく様は圧巻で、
そこを写真に撮れず残念。固定中の写真がこれです。

IMG_0844.jpg


IMG_0843.jpg


こうして一つ一つ作り上げていきます。
作り上げていくさま(人の動きも体も)が本当に美しくて、
私がOGATAに入社したころ、出向いた現場で目にした梁(古材に見せたオリジナル)を
取り付ける工場長の和さんやスタッフのその姿に衝撃的な感動をうけ、
意識とは別に涙がこみ上げたことを今もよく思い出します。

野菜を作り、それを喜びいただけること。
これからそういったことが本当に大事になるような気がします。
コンビニやスーパーですぐに頂ける物も、もちろん野菜も、誰かが一生懸命作っていますが、
空腹も作り上げる過程も実感し、それを得とくすることが・・・。

バブルのころ、ハウスマヌカンが特別な存在と称されましたが、
今後は真髄的に農業など“生産できる人”がもっとそうなると私は思います。
白州次郎はあの時代にそれをわかってやっていましたものね。

長年友達としても純子さんの側にいて感じるのは、
彼女はそういった大事なことをそうなる前に自然と関わっていき、
察知する能力があり、彼女そのものがとても自然なのです。
自然と大事なことを早々と察知していく。
そして、それをよい環境で人々へ影響してくれる。


IMG_0980.jpg


私も農作業帽子を買いました(笑)
プロバンス風♪ 
根白石の高長商店で300円なり♪

宇宙物理学者 佐治晴夫先生の講演会があります!

佐治先生とは先生が宮城大学の教授でいらっしゃった時に近しくしていただき、
ノートルシャンブルや研究室で、宇宙、オーロラ、芸術と数学(数理芸術学)の
お話を興味深く聞かせていただいておりました。
品位とユーモア、優しさと知性は敬愛する野田一夫先生にも共通しており、
野田先生の格言にある「老人の尊厳」をまさに感じるお二方です。
「老人」とは年をとり衰退することはではなく、年を重ね知識も経験も増した先に在る
敬意を込められた総称と仰っておりました。
「だから僕(野田先生)は早く老人になりたい!」と。

お二方とも品格も実年齢もご老人ですが、真の気持ち(情熱)は本当にお若い!
若輩の私達に年積の大切さや有り難さ、憧れ、年配者への崇めを教えてくださいます。

さて、その佐治晴夫先生の講演会が大崎生涯学習センターで5/23(日)14時から
開講されます(予約性)。Twitterで知りました!(Twitterの良いところ♪)
入場無料で先着順です。
佐治先生のお話は皆が理解しやすいよう、とても解りやすくゆっくりお話されるので
子供でも子供なりに何かを感じるであろうと思いますし、今は鈴鹿短期大学の学長のため、
宮城に来られたこの機会は貴重ですので是非!

「ゆらぎ理論」の第一人者であることは有名ですが、映画「コンタクト」で宇宙と音での
交信を行うあの試みも佐治先生の案です。素晴らしすぎて恍惚することしばしば。
だからこそこんな機会に感謝をし、少しでも交信を受け取りたいと思うのです。

新緑と掲載誌

[新緑]

5月に入りやっと春を実感できました。
GWの休み中もアトリエ(事務所)へ時折出向いており、
周囲の木々が芽吹きの肌色から緑に変わる様は見ていましたが、
連日の陽光で昨朝は一段と新緑が増えていました。
芽生えたばかりの小さな葉でも一面を緑色に染め、
観る者に活力を与えてくれてます。
今朝は葉に雨があたった時の、なんとも言えぬ緑の香りがしていました。

事務所の窓からの眺めです。
新緑の枝葉の奥行きの美しさは私の写真では伝えきれないので
想像力をプラスしてください。

IMG_0923.JPG


[掲載誌のお知らせ]

4月に香港の雑誌 「milk X」と世界のクリエイティブジャーナル誌「QUOTATION」
(BNN 新社刊/季刊)のNo.7に掲載されました。

QUOTATIONは読み応えがある雑誌で、レアな情報も満載です。
都内を中心に全国販売されています。アマゾンでも購入できます。


香港の雑誌「milk X」にはOGATAのオリジナル家具を初め、「MIHARAYASUHIRO」の香港と東京 表参道の初代店舗が掲載されました。
弊社が施工させていただいた香港のお店は、セントラルのそうそうたるブランドSHOPが軒を連ねる通りに所在していました。地域開発により現在その店舗はありませんが、日本からの香港旅行の方々が出向いてくれた話もよく耳にしました。

201004MILK.jpg

interiorDesign_O.jpg







Calendar
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
recent comment
Links
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27