月9ドラマ「リッチマン プアウーマン」にOGATA登場!

7月から放映となったフジテレビの月9ドラマ、
「リッチマン プアウーマン」にOGATAの家具が登場しております。
小栗旬くん演じる社長室に数点。

社長室3.jpg

 http://www.fujitv.co.jp/richman-poorwoman/index.html


革のクッションソファーを木製で制作し、実際にボタン(木製)などのパーツも
沈むしくみなっているWOODEN CUSHION SOFAやそのOTTOMAN、

様々なボタン(これらもオリジナル制作)が組み合わされたボタンベンチ。
ベンチですがカフェテーブルにも使えます。
ボタンは繋いでくれるものなので、縁や橋渡しを表現したインテリアです。
ドラマでもテーブル的な使い方になっていますね。

もともとこの家具は座りやすさを追求したものではなく。
むしろその逆で、自分で座りやい場所を探す椅子なのです。
ボタンスツールもそうです。

山や海辺で疲れて腰かける時に、お尻で座りやすい場所を探しますよね。
そういった感覚を忘れてはいけない…というメッセージも含んでいます。
カフェテーブルで使ったこともありますが、
やはり意図が同じで、カップやグラスを置く時にちょっと意識して置くようになり、
家具とのコミュケーションを感じ、愛着も増長。
グラスや食器もいたわる事になります。

このスツール型の「ボタンスツール」も社長室に置いてあります。
これもOGATAの人気家具の一つです。

そして、長年の人気家具の一つ、豆型の「ビーンズチェア」も可愛く置いてあります。
豆→種→種子に初心や成長のプロセスの大切さを加味した
OGATAの代表作の一つ。
フランスのM&Oのトレンドにも選ばれています。

そして、
今度の月曜、8/6は更に登場の予定です。
是非ドラマと併せて
様々な演出シーンもご覧いただけたら嬉しいです。


追記
OGATAの家具は直接弊社へ御問い合わせいただきオーダー制作となっております。
または一部家具を以下東京都内でも取り扱っております。
是非お出掛けになってみてください。

 東京 青葉台 ゼロファーストデザイン
 東京 学芸大 baden baden
 東京 恵比寿 恵比寿三越 



A.Ogata

春、新宿 伊勢丹でのひと時

開催告知をTwitterでおこなっており、
今頃ブログで振り返り御紹介となりますが、、

桜の開花時期の4月、
新宿伊勢丹で開催された「ものづくり×ものがたり 日本の手仕事展」にお声掛けをいただき
初めての百貨店出店をさせていただきました。

催事といってもその空間づくりにも拘り、
什器やカーペットも特別に設えた空間での開催でした。
出店ラインナップも魅力的なお店や作品ばかりで、
パリの展示会でもご一緒する会社も多く、
催事ではありますが、
来場されるお客様がゆったりと見て、お買い物ができるような工夫が多々あり、
とても勉強にもなりました。

ee30ace72419991f831c32daec0bfe65_view.jpg

何よりも、年齢問わずとても素敵なお客様に多く出会えた事も
本当に有難かったです。
伊勢丹のタブロイド紙にも尾形欣一の紹介と併せてビーンズチェアを大きく載せて
いただきましたが、そのタブロイド紙を握って会場へ出かけてくださる方が多かったこと。
そして、ご年配の方は玄関用(靴の脱ぎ履用)の椅子にこれが欲しくて!と
開催前から足を運んでくださったかたもおられたり、、。

ビーンズ.png

OGATAの新作の家具を見て、
自分がもっと若かったら衝動買いしたわ!と高揚して話してくださった御婦人。
とてもお洒落で美しく、その理由を伺ったところ80半ばの年齢をお話しされました。
歳積みが素晴しく、内面からやさしく溢れだす人の美しさがあり
この方に出会えてとても嬉しい…とさえ思いました。

そのご婦人は最終日にもいらしてくださり、
「夢にまで見たから、最後にまた見たくて…あっやはりご約定付きになったわね」
と家具をうっとり見てくださいました。

そして、流石 新宿伊勢丹!と痛感したことは、
伊勢丹さんのご意向でフランスのメゾン&オブジェでトレンドに選ばれた弊社の
BOX STOOL(革で段ボールを模倣したスツール)も展示することになり、
センターに置いたところ、
雑誌などでそれを知っている方以外は、殆ど歩速をさげ「?」な表情で近寄ってこられ、
説明をすると歓声をあげてくださるのです。

そして、皆さんが
「ダンボール?いや、伊勢丹が段ボールを飾るわけがない?であれば??
 と思い近寄ってみたら革で出来て、しかも椅子!」
「ミュージアムに出かけられた想い!」
「こんなにユニークで意味も込められた作品が日本作だなんて嬉しい!」
「素敵な物を見られた!」
と声をかけてくださるのです。

boxstool.fs.jpg


笑顔と共にそのような言葉を伺え、嬉しかったです。
録音して尾形やスタッフに聴かせてあげたかったほど。

触れる人が笑顔になる家具を作りたい…
よく尾形はそう言いますが、
伊勢丹さんでの催事でも多くの笑顔に出会わせて頂きました。


追記:次のブログで紹介させていただきますが、
只今、フジテレビの月9ドラマ、「リッチマン プアウーマン」でOGATAの家具が
数点登場しております。
ドラマと併せてご覧いただければ幸いです。

http://www.fujitv.co.jp/richman-poorwoman/index.html


「あしたのたね」

「あしたのたね」 <以下「あしたのたね」HPより>

本当の「おいしい」を分かち合うために
「あしたのたね」は 毎日をあかるい気持ちで暮らせるように
「食」の情報と知恵を分かち合い、交流する場です。

より安全に食べるための調理法についての知識を共有すること。
食品や水などを気軽に放射能測定できるようにすること。
ワークショップなどを通じ、免疫力を高め、健康な身体をつくる方法を考えることで、
生活がより創造的になるように取り組んでいきます。

スクリーンショット 2012-08-07 10.55.14.png

「あしたのたね」について、Twitterでばかりお知らせしていたので、
あらためてブログでお伝へさせていただきます。

この春、友人でありクライアントのノートルシャンブルの純子さん
むらさき山のごはん会の千佳さん
みどりなやさい主宰、野菜ソムリエのみどりさん
筆頭に他 有能な同志達とスタートとなった「あしたのたね」。

TPPにより遺伝子組換の拡大問題を懸念し、
消費者である自分達がもっと理解し地道ながらも活動する重要さを意識していた
メンバー(現あしたのたねメンバー)で
固定種で知られる野口種苗研究所の野口さんを仙台へ御招きしての
セミナーを準備していたのが震災直前。
東日本大震災により会場は立ち入り禁止、セミナーは中止となりましたが、
メンバーも日々生きる事、この先の仕事の事、在り方、
センシティブで大きな問題となった原発事故により
更に行動も考え方も現実的に自分達に押し迫った状況でした。

原発事故はぬぐい去りたい状況ではあるものの
危険を知りつつも、そのエネルギーにも頼って生きて来た自分を知らしめられた思いでした。


様々な不安要素をも“未来を明るく大切に考える事”で、
より良い波及(生きる勇気)をも生みたく誕生した「あしたのたね」。

発信となっている処は仙台市の泉区、地下鉄泉中央駅の駅ビル スウィングの2Fに在る
小さな小さなお店です。
キオスクのように、コミュニティ空間に小屋のように建っています。
それがまた素敵です。
必要な状況で必要な分のやりとりをしている環境です。

お店の設計施行は、尾形も敬愛する友人である キアロスキューロ・デザイン の堯さんです。


震災後、自分達も食べ物の入手にはとても悩み、
今後の生活を思うと不安にかられていました。
もちろん、それは東北(日本)の農水産業のことも懸念していたからこそだからです。
遠隔地のものばかりに頼っていては何も解決に成らず、
先が細くなるばかりです。

曖昧な情報や、検査基準の不安要素、東北の食生産も考え
不安に暮らしていた事を思うと発起人である主要メンバーの行動力に頭が下がります。
(そして、多忙な中 素敵なロゴ制作、サイトやスタッフ連絡チャットを制作してくだった
巨匠(と私と純子ちゃんは呼んている!) 鹿野護さん 牧子さん御夫妻にも心から感謝しています。

お店ができ、
震災後、生野菜を食べられずに居た方々の安心して味わえる喜びの笑顔、
生産者の方の自然のめぐみを発信できる理に叶った感謝の思い、
自分達も美味しく安心していただけることに心から感謝し、無駄なく頂く。
そういった思いを改めて感じ、
全ての人がモラルをもって生活していければ…と益々痛感しました。

しかしながら、今はそういった安堵と併せた幸福を得る為には
多くの方々の大きな協力と尽力があって成り立っています。
生産者の方々の日々の在り方、放射能測定などは特にそうです。


尾形とも常日頃色々と話していることですが、
これからの暮らし方は、ただ削ぎ落すだけではなく
未来に向かう賢さと、先人からの大切な知恵を重ねて
過ごしていきたい、それから、「生きる術を麻痺させない」ことなど、、
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
体調管理や食生活、いざという時に少しでも対応できる
ような感覚というか。。お金がないと何も出来ない、生きて行けない
ようにはならないようにしないと、と感じています。
これは、東北大学大学院環境科学研究科教授 (元(株)INAX/LIXIL 取締役CTO)
の石田秀輝先生
に知り合い、尚明確になりました。

あしたのたねの出会いと併行して、
OGATAも未来の在り方を色々な角度で意識し画策しています。



あしたのたね は(月)から(土)、11:00〜17:00の営業、と昔のお店のように営んでおります。
時折イベントで臨時休業もあることと、
農家さんからの配送状況でその日の野菜のラインナップが変わりますが
季節を感じ、季節の物をいただけます。

Twitterで入荷状況や予告をお知らせしております。
https://twitter.com/ashitanotane

OGATAからは私が代表してときどきですが店頭の手伝いをしております。
みなさん、是非「あしたのたね」へお出掛けください。
野菜以外にも素敵な生活品や美味しい物を揃えております。
(あしたのたねで扱っている人参ジュースと、只野農場さんの納豆、豆の舞は尾形も大好物です)


追記:「あしたのたね」では「あしたねLabo」もスタートしました。
ガイドとなる素敵な講師を招いて共に学ぶ会です。
詳しくは以下blogを参照くさだい。

http://ashitanotane.jp/#/?blog-00002-entry-00018


「あしたのたね」

営業時間 11:00~17:00
定休日 毎週日曜日
TEL 070-5623-7142

宮城県仙台市泉区泉中央1-7-1
仙台市地下鉄泉中央駅ビル SWING2階 イベント広場前

地下鉄仙台駅より:約15分
地下鉄泉中央駅より:改札から徒歩0分

URL  http://ashitanotane.jp/

blog http://ashitanotane.jp/#/?blog-00002-entry-00018


Calendar
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
recent comment
Links
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26