イタリアンレストラン「Ristorante da LUIGI」

「Ristorante da LUIGI」(リストランテ ダ・ルイジ)

IMG_1299.JPG

9月に内々でopenしつつもあっという間に話題になり、
その上、人気情報誌「Kappo」や新聞にopenが掲載され、益々電話が話し中に。。。。
仙台では数少ない“リストランテ”だけに
本場仕込みも濃厚なイタリアンレストランの登場は本当に嬉しいです。
ルイジさんのお料理をいただいて、
「アメリカ経由のイタリアン」を常にしていた自分を知る程。

オーナーシェフのルイジさん(仙台出身の日本人です。フィレンツェのお店での彼の愛称)が
まだイタリアで生活していた時に、
“仙台で独立店開業の際には設計施工をお願いしたい”という電話をいただき、
一時帰国の際に初めてお目にかかりました。
その時にフィレンツェの「ラ・ジオストラ」のメインシェフ!ということが判り
思考回路が猛スピード回転。

ザガットサーベイではフィレンツェTopクラスに位置するほどのリストランテで、
フィレンツェでのトリュフ料理の名店としても有名な「ラ・ジオストラ」は
ハプスブルク家の末裔が経営。いわゆる ハプスブルク家のレシピも息衝くお店。
旅通&食通のアナノちゃんノートルシャンブルの純子さんからも
ジオストラの凄腕日本人シェフの話は聞いていたので
「その廣瀬さん!」と。
尾形と同年齢で、物創りへの探求も似ており、
この仕事がきっかけでご夫妻とは友人付き合いをさせていただいています。

海外で、ましてやヨーロッパでアジア人である日本人がそれなりのポジションに
つくことは本当に厳しいので、
ほぼおまかせでご依頼いただいた店舗の中で
多くを語らないまでもその努力とここまでの道のりを推察すると
おもわずジーンときてしまう私達でした。

尾形はルイジさんの新たなスタートを、
ご本人へのイメージも含めまっさらな白を基軸に表現。
ワイン=葡萄の葉モチーフも様々な素材でアクセントづかいし、
タイルから波及するベンチへの展開、壁まで続くタイル…etc、
室内の扉や壁に施したノームの扉は子供達の人気スポット。
レセプション日には、このノームの扉前にもそのサイズの祝花が届いていました。
なんて素敵な計らいをされた方。。。


Ristorante da LUIGI
リストランテ ダ・ルイジ
仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台協立第2ビル1階
TEL 022(263)-7855
ランチ11:00-15:00/ディナー17:30-21:00(ラストオーダー)
木曜日定休

 10910luigi037.jpg

 10910luigi081.jpg

河北新報経掲載 宮城のニュース 2010年11月6日
“イタリアの食通が太鼓判 称号は「皇太子の料理人」”
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/11/20101106t15036.htm

*仙台は他美味しいお店も他揃っていますので、
是非県外の皆様も泊まりで食通ツアーにお出掛けください。

 10910luigi033.jpg

 10910luigi002.jpg

 10910luigi063.jpg




Calendar
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
recent comment
Links
others
admin